サステナビリティ

GDC スカラーシップ

GDC奨学金は、エンジニアリングを学ぶ学生が、映画界のテクノロジーの発展ため、動機付け、奨励することを目的としています。

2012年、チョン博士はGDC奨学金で学生に恩返しを始めました。 毎年30〜50人の学生に授与されるこの奨学金は、中国科学技術大学(USTC)と協力して、3つのUSTC大学(コンピューター科学技術大学・情報学部、科学技術大学、およびソフトウェア工学部)の学部生と大学院生に提供されます。

「教育はとても重要だと思います。 優秀な学生エンジニアに、映画産業のためにどのような価値を創出できるか、考えてもらいたいのです。」

マン・ナン・チョン博士
GDCテクノロジー 創設者、会長、最高経営責任者

ピープル

GDCテクノロジーは、すべての従業員に対して公平なアプローチを提供する機会均等雇用者です。 これは、雇用に関するのすべての側面に適用されます。 また、職場多様性と一体性についても積極的に取り組んでいます。

性別、婚姻状況、妊娠、人種、肌の色、血統、国籍または民族、宗教、障害、または地域の法律で規定されているその他の保護された特性を理由とする差別や嫌がらせを禁止します。

この機会均等ポリシーは、採用、業績評価、昇進、報酬、福利厚生、休職、トレーニング、従業員関係、退職、一時解雇など、組織内のすべての雇用慣行に適用されます。 GDCテクノロジーは、候補者の資格とメリット、およびビジネスニーズのみに基づいて採用決定を行います。

「GDCテクノロジーは、職場での差別を容認しない機会均等雇用者です。」

マン・ナン・チョン博士
GDCテクノロジー 創設者、会長、最高経営責任者

コミュニティ

GDCテクノロジーは、映画業界のリーディングカンパニーの一つとして、学生たちがエンパワーメントを通じて成長するのを支援するだけでなく、映画界のために特別に設計されたテクノロジーを革新し続けるために、エンジニアを動機付け、奨励し、刺激することを目指しています。

GDCは、20年以上前の設立以来、映画業界で最も愛されている慈善団体であるバラエテと、子供たちの慈善団体を支援することに全力で取り組んできました。 バラエティ、チルドレンズチャリティーは、10か国に40を超える支部のネットワークであり、病気、恵まれない、または障害のある子供たちに重要な医療機器とサービスを提供する4つのコアプログラムを運営しています。

「特別なニーズや困難を抱える人々の生活を豊かにすることは、テクノロジーを通じて力を与え、内面の強みを開発し、応答性の高い教室を作り、前向きなキャリア志向を構築することに基づいています。 GDCは、子供たちだけではなく、その家族、そしてそのコミュニティに、無制限の未来にわたる、生涯にわたる贈り物を提供することに、全力で取り組んでいます。」

マン・ナン・チョン博士
GDCテクノロジー 創設者、会長、最高経営責任者