6月20日~23日にバルセロナCCIBのレベルP1、M131で開催されます

GDCは、20年以上にわたり、革新的な技術で数々の賞を受賞してきました。今回のCineEuropeでは、GDCのワンストップショップソリューションと、映画館のブース運営を効率化する最新のイノベーションを展示する予定です。

1. ミニシアターのオーディオビジュアルソリューション

  • 世界最小・最静音・最軽量のDCI対応シネマプロジェクターEspedeo Supra-5000。CineCacheTM 2TBストレージ、DTS:XTM for IABイマーシブオーディオデコーダー搭載15.1シネマオーディオプロセッサーの最新オプションを含む強力な機能を内蔵しています。
  • DTS:Xイマーシブオーディオのインストールに必要なデジタルシネマオーディオ規格の要件を満たす、MAGシネマスピーカー一式と適合するアンプを提供します。
  • DiveCtrl™ ダイナミックライティングシステムにより、客席構成を強調するカスタムライトショーが可能になり、プリショーコンテンツに合わせて完全にプログラム可能なことをご紹介します。

2. SRシリーズ メディアサーバー

  • SR-1000は以下の機能を有しております。
    • CineCache 2TBストレージ
    • サラウンドサウンド用5.1/7.1シネマオーディオプロセッサ
    • 16または24チャンネル DTS:X for IABデコーダ搭載15.1シネマオーディオプロセッサ
    • 32チャンネル DTS:X for IABデコーダ搭載(近日発表予定)
  • 高性能HFR技術を搭載した2つのIMBソリューション。
    • SR-5400C 4K [email protected] fpsのHFRテクノロジーを搭載し、Christie® CineLife+™シリーズシネマプロジェクタとシームレスに統合できるIMB。
    • SRC-7500 IMBは、幅16mのUniluminシネマLEDスクリーン、最高フレームレート[email protected]に対応するよう設計されています。
  • SR-1130 IMBはSonyの4Kプロジェクター用に設計されています。

*シネマオーディオプロセッサーは、

  • AIB-2000Audio IO (Input-Output) Box
  • TSAP-16 16chオーディオDAC
  • エンタープライズストレージ

など他のオーディオアクセサリーと統合し、完全なインストールを実現します。

3.GDCエンタープライズソフトウェアソリューション。CMS-3000とNOC 2.0は、クラウドベースのプラットフォームを活用し、映画館本部のためのターンキーソリューションを提供するようになりました。
CineEurope 2022の3つの必見ポイント
Share on email
Share on facebook
Share on linkedin
Share on telegram
Share on whatsapp
Share on print