Flix Brewhouseが、GDC CA2.0を導入、将来のさらなる運営の効率化のため、コンテンツ光速ストリーミングを可能に

Flix Brewhouse(米国)が、GDC CA2.0を導入、将来のさらなる運営の効率化のため、コンテンツ光速ストリーミングを可能に ワークフローを自動化し、完璧なプレゼンテーションを実現 2022年4月27日、ラスベガス — デジタルシネマソリューションの世界的リーディングプロバイダーであるGDC Technology Limited(以下、「GDC」)は、米国で最も優れたダイニングシネマ・チェーンの1つであるFlix Brewhouseが、業界最高水準のシネマオートメーション、シネマオートメーション (CA2.0) を導入を本日発表しました。これにより、ブース運営に関わるコストを大幅に低減しつつ、映画館の運営を完全自動化する事が可能になります。 Flix Brewhouseは2011年に設立され、現在インディアナ、アイオワ、オクラホマ、ニューメキシコ、テキサス、ウィスコンシンで9つのダイニンシネマコンセプトを運営しています。Flix Brewhouseは、地ビール醸造所を組み込んだ世界で唯一の映画館です。Flix Brewhouseは、ブロックバスター映画を上映しつつ、新鮮な料理と自家醸造のクラフトビールを提供しています。この劇場は、最先端の視覚と聴覚の技術、快適なレザーシート、そして全席での飲食サービスを備えています。また同社では、Flix Maximum Experience (MX) と呼ばれる PLF コンセプトが採用されており、大画面の鑑賞、360 度の没入型音響技術、超高解像度次世代 4K プロジェクション、プレミアム超広座席、幅 60 フィートの超低歪みの HD 放物線シルバースクリーンといったダイナミックで最新鋭のシステムで上映されています。 Flix Brewhouseの社長、Chance Robertsonは以下のように述べています。「ホスピタリティに深いルーツを持つ企業として、Flix Brewhouseは常にお客様に最高のシネマダイニング体験を提供することをお約束します。」「私たちは、GDCのようなベンダーパートナーが、我々のコミュニティのゴールドスタンダードになるというビジョンを達成するため革新的な技術を提供してくれることを頼りにしています。GDCのCinema Automationは、他社にはないフェールセーフ設計と、操作の容易さ、省力化が評価されての採用です。」 GDCテクノロジーUSA LLCの社長であるアニー・ワンは、「CA2.0は、当社の20年にわたるデジタルシネマに関する知識と、劇場と協力して開発されたものです。2022年第1四半期末時点で、世界で250以上の映画館マルチプレックスがCA2.0シネマオートメーションを導入しています。我々の最新の顧客であるFlix Brewhouseは、時代に先駆けた技術を使って、自動化を実現する事になります。」 CA2.0は、SCLシリーズ集中型再生サーバーを搭載しています。コンテンツ管理を合理化し、機械知能を活用して効率を高め、人的介入の必要性を劇的に減らすように設計された統合集中型ストレージおよび再生システムです。 SCLシリーズ集中型プレイバック・サーバーは、各メディア・サーバーにローカル・ストレージを接続する必要なく、各劇場に幅広い種類の映画へのアクセスを提供します。SCLシリーズ・サーバーは、拡張性と信頼性を念頭に置いて設計されています。ストレージ容量は、スクリーン数(4~30)と保存する映画タイトル数(最大2,000本)に応じてカスタマイズでき、オンデマンドで各劇場にストリーミング配信することが可能です。 従来のシネマメディアサーバーのローカルストレージと比較して、ストレージ容量が最大50倍に増加したSCLシリーズサーバーは、今日の市場で競争力を維持できる「オンライン」コンテンツソリューションに対する出展者の需要に応えるように設計されています。SCL SeriesサーバーをCinema Automation CA2.0と統合することで、手動操作と人的介入を大幅に削減することができます。 CA2.0は、手動でショーのプレイリストを準備または編集する複雑な手順を自動化するだけでなく、次のような素晴らしい進歩も取り入れています。 CA2.0は、機器の電源をインテリジェントに管理し、スマートなテストと分析によって業界標準の上映品質を自動的に保証します。 SCLシリーズ集中型サーバーは、USB3.0の最高速度でDCPを取り込みながら、最大30館のメディアサーバーにあらゆるコンテンツをライブストリーミング配信することができます。 CA2.0フェイルセーフ技術により、集中型サーバーが故障した場合でも、各上映が中断されることなく継続されます。

About GDC Technology Limited

GDC Technology Limited (‘GDC’) is a leading digital cinema solutions provider with its manufacturing facility certified with ISO 9001:2015 by SGS. GDC develops, manufactures, and sells cinema projector, media server for both projector and LED cinema display, content storage system, cinema enterprise software including theatre management system and advanced cinema automation system for the global cinema industry. GDC is a licensee of the DTS:XTM object-based immersive sound technology from DTS, Inc. for the development of its media servers. In addition, GDC also provides a suite of digital cinema products and services, including LED cinema, 3D product, audio equipment, projector lamp, silver screen, post-production service, and Electronic Delivery System (EDS).

Media Contact: Tony Adamson

Email: [email protected]

Phone: +1 (214) 686-0491

SOURCE: GDC Technology

About Flix Brewhouse

Flix Brewhouse is the world’s only first-run cinema-eatery-brewpub. As America’s Cinema Brewery, Flix Brewhouse combines the latest Hollywood productions, award-winning brewed on-premises craft beer and delicious food – all served in theatre on an a la carte basis, allowing the experience to be customized. The genesis of the Flix concept stems directly from consumer demand for a better, more value-oriented way to watch a movie. Designed from the inside out to deliver a premium viewing and dining experience at an affordable price, Flix Brewhouse addresses the primary concern of moviegoers everywhere – the rising cost of admissions and concessions and the typically poor value realized at the conventional multiplex. The original Flix Brewhouse location in Round Rock, Texas has been in operation since July 2011 and the company subsequently grew to ten cinema brewpubs in seven states, employing over 1,200 at its pre-pandemic peak.

Share on email
Share on facebook
Share on linkedin
Share on telegram
Share on whatsapp
Share on print