SX-4000 スタンドアロン統合メディアブロック™

DTSX™を実現する没入型サウンドメディアサーバー:リアルでリッチな没入型サウンドが可能になります。

概要

GDC SX-4000スタンドアロン統合メディアブロック™は、デジタルシネマサウンドの未来を設計しています。 16チャンネルXSP-1000シネマオーディオプロセッサ(GDCイマーシブサウンドソリューション)と組み合わせると、5.1 / 7.1サラウンドサウンドと、DTS:Xイマーシブサウンドを再生するためのリアルタイムデコードのオプションがサポートされます。このオプションにより、あらゆるサイズのスクリーンに没入型サウンドを手頃な価格で設置でき、より幅広い聴衆にリアルで豊かなサウンドを提供し、高品質のオーディオ体験が可能になります。 DTS:Xは、Samsung Onyx LED、ScreenX、IMAX®Enhancedなどのクラス最高のパートナーとの真の映画のような没入感を提供します。現在、DTS:Xは、DTS:Xを搭載した世界初で最大のSamsung Onyx LEDシネマスクリーンを含む、世界中の1,000を超えるスクリーンにインストールされています。

2020年以降、SX-4000はSMPTEのST 2098-2没入型オーディオビットストリーム(IAB)標準を完全にサポートします。これは、劇場配信用の単一の相互運用可能なオーディオ形式を提供するという目標に向けた主要なマイルストーンを表しています。 SMPTEのIABをサポートすることで、映画製作者が意図したとおりに、世界中の大きなDTS:X画面にさらに没入型のコンテンツがもたらされます。

SX-4000スタンドアロン統合メディアブロック™の主な利点

GDC SX-4000スタンドアロン統合メディアブロック(IMB)は、今日のデジタルシネマの将来を保証するように設計されています。

次世代の設計とハードウェア。これにより、タスクをより迅速に処理するためのより高速な処理速度が可能になります。この追加の処理能力により、高度な統合、劇場の自動化、およびその他の付加価値機能のオプションが開かれます。
合計16のオーディオチャンネル/出力。
MPEG4、MPEG2などの高品質のライブストリーミングコンテンツを2Dまたは3Dで処理する機能。
緊急時にストレージデバイスからのコンテンツの取り込みと「ライブ再生」を高速化するためのUSB3.0などの高速I / Oインターフェイス。
専用の取り込み、シアターオートメーション、およびその他の外部デバイスに使用できる追加のギガビットLANポート。
代替およびプレショーコンテンツ用の5.1 / 7.1から16チャンネルへのアップミックス機能。
IABをサポートする内蔵のフル16チャンネル没入型サウンドDTS:Xデコーダー(オプション)。
SMPTEの「デジタル同期信号および補助データ転送プロトコル」標準(ST 430-14:2015)およびSMPTEのイマーシブオーディオビットストリーム(IAB)標準ST 2098-2(オプション)をサポートします。

XSP-1000シネマオーディオプロセッサの主な利点

GDC XSP-1000シネマオーディオプロセッサは、シネマアプリケーション用に特別に設計された16チャンネルのデジタルオーディオ処理を提供します。

最大96kHzのサンプルレートを備えた低ノイズのデジタル処理により、優れたプレゼンテーションを実現します。
正確な劇場キャリブレーションのためのオーディオゲイン、EQ、および遅延コントロールで構成される堅牢なオーディオ処理エンジン。
Windowsオペレーティングシステムで実行され、USBおよびイーサネットを介した完全なシステム構成、監視、およびファームウェアのアップグレードが可能です。
複数の没入型サウンドフォーマットをサポートします。

技術仕様

SX-4000スタンドアロン統合メディアブロック
寸法 320 (W) x 240 (D) x 63.7 (H) mm
重量 1.5kg
動作温度 0°C to 40°C(32°F to 104°F)
動作湿度 20% to 90%, non-condensing
動作高度 10,000ft. (3,000m) above sea level*

* ハードディスクの仕様によります。

最大電力 75W
JPEG 2000 4K – 24, 25, 30 (2D) (optional)
2K – 24, 25, 30, 48, 50, 60, 120** (2D)
2K – 24, 25, 30, 48, 50, 60 (3D)
MPEG 2/MPEG 4 SD/HD
Packaging SMPTE Digital Cinema Package (DCP),
Interop DCP

** ソフトウェアアップグレードとライセンスが必要になります。

デジタル非圧縮オーディオ 16/24-bit AES/EBU,
16 channels, 48/96 kHz
3 x RJ45
イーサネット 3 x RJ45 (1000 BaseT)
eSATA 2 x
USB 2.0 2 x USB A-Type Female
USB 3.0 1 x USB A-Type Female
LTC In & Out (2 x BNC)
REF Passive loop output/
Video sync input (2 x BNC)
HDMI 1 x (alternative content input)
3G-SDI 2 x (alternative content input)
8-port GPI/Os 4 x RJ45 (8 GPIs and 8 GPOs)

最大32TBの冗長ホットスワップ可能

NexGuard®フォレンジック透かし
DCI準拠(FIPS 140-2)

字幕オーバーレイ
プロジェクターCinecanvasのサポート

TMS GDC, Third-party
3D System RealD, Dolby® 3D, MasterImage 3D,
active systems
4D System D-BOX Motion Code™, CJ 4DX®
3D Audio DTS:X, Dolby Atmos®, IAB
Closed Captioning Device Supports SMPTE430-10

XSP-1000シネマオーディオプロセッサ

標準の2RUラックマウントシャーシ

  • 100-240VAC, 50/60Hz, 30 watts maximum (18 watts typical, 7.5 watts sleep)
  • PA Microphone – XLR 0.7mV sensitivity
  • Calibration Microphone – 3.5mm stereo jack 0.7mV sensitivity with 10V power
  • Non-Sync analog input – RCA 75mV to 4.775V
  • Auxiliary analog input – RCA 300mV
  • Eight-channel analog input – DB25F 300mV
  • COAX1 – RCA PCM decoding
  • COAX2 – RCA PCM decoding
  • TOSLINK – Optical PCM decoding
  • AES/EBU 16 Channel 48-96KHz sample rates
  • 16-Channel Balanced 300mV adjustable. Configurable as 5.1, 7.1 broadband, bi-amp three or five screen channels, tri-amp three screen channels or 13.1
  • DB25F pulse automation
  • Serial control – RS-232
  • USB for laptop setup
  • Ethernet 10/100 – RJ45
  • Digital (COAX1, COAX2, TOSLINK, 8 or 16 Channel AES/EBU)
  • Analog (8-channel, Non-Sync, Auxiliary, Microphone)
  • User 1, User 2 (Configurable in software, e.g., digital 16 channel at lower level, 7.1, 13.1, etc.)
  • 96 kHz processing
  • One-third octave equalization on all channels except LFE, HI, and VI-N
  • Parametric equalizers on LFE
  • Synchronization delays for all inputs
  • Surround delays for all surround channels
  • Crossovers support bi-amp and tri-amp of up to five screen channels plus individual parametric equalization on one to three LFE outputs. Crossover includes a speaker library and allows for user defined speaker systems
  • The XSP-1000 Graphical User Interface (GUI) operates under Windows XP, Windows 7, and Windows 8. It communicates with one or more XSP-1000 systems simultaneously over USB, Ethernet, or RS232. The GUI is used for system configuration including auditorium equalization (both manual and automatic equalization)
  • Typically 105dB

製品サポート

ダウンロード(画像、パンフレット)