シネマオートメーション(CA2.0)

概要

Cinema Automation CA2.0は集中管理でコンテンツ、プレイバック、スケジュール、電源管理、スクリーンを管理する業界初の自動制御システムです。既に全世界で1000スクリーン以上に出荷済、GDC独自のintelligenceアルゴリズムを使用、映画館運営の効率化に大きく貢献するシステムとなっております。

特徴 1

SCL セントラルサーバー SCLシリーズの特徴

CA2.0はGDCセントラルサーバー SCLシリーズが必要となります。

SCL-1000 Mk2

SCL-1000 Mk2

Centralized Playback Server Series SCL Mk2 Series image

SCL-2000 Mk2 · SCL-3000 Mk2 · SCL-4000 Mk2

>90%

インジェスト時間 の短縮*

30x

再生 信頼性 **

>100x

ストレージ 増量 ***

2000

1つのSCL-4000 Mk2サーバーから流せる映画本数

事故防止設計思想

連続して再生を行うべく バックアップの設計が考慮されております

特徴 2

自動コンテンツ管理及びSPL(show play list)作成

CA2.0では、手作業では時間がかかって複雑なPL(play lists)を作成するワークフローを自動化します。

ストリームコンテンツ 管理

自動ショー スケジューリング

POSからの プログラミング

特徴 3

自動放映機器管理

CA2.0は独自アルゴリズムを使って機器やパワーサプライを管理、スクリーンの状態を最適に保ちます。

電源供給管理

高品質放映

リモートアクセス – TmsAware™ アプリ

映画館の操作をリアルタイムでリモートで監視できます。 クリックして、TmsAware™ アプリの詳細をご覧ください。

実際に30スクリーン所有する劇場で比較を行っております。

*/** インジェストに30分かかるコンテンツを30スクリーンのローカルHDDに入れるか、あるいは、弊社セントラルサーバー SCL-4000 Mk2に1回30分で入れるかの比較になります。

*** 従来のローカルHDD 2TBに対し、SCL-4000 Mk2は204TBございます。

製品サポート