Audio IO (Input-Output) Box
AIB-2000

外部オーディオ機器とのインターフェース

概要

AIB-2000は、オーディオIO(入出力)ボックスです。アナログアンプ、ブースモニター、マイク、メディアプレーヤーなどの外部オーディオ機器と接続するための内蔵8チャンネルDACを有しております。また、イーサネットを介して入力ソースを切り替えることができます。 5.1および7.1PCM非圧縮サラウンドサウンド機能内蔵シネマオーディオプロセッサが搭載されたSR-1000、またはSupra-5000シネマレーザープロジェクターと組み合わせる事により、すっきりとしたシステム設計が可能になります。

外部オーディオ機器とインターフェースするIO(入出力)ボックス

外部オーディオ機器を備えたAIB-2000の概略図

仕様

イーサネット経由の自動ソーススイッチ
Webベースのグラフィカルユーザーインターフェイス

ダイナミックレンジ:> 105dB

20 Hz〜20,000 Hz

XLRメス

オン/オフのマイク

100 Hz 12dB /オクターブ切り替え可能

+ 48V切り替え可能

2 xXLRメスフロント
2 xRCAリア
切り替え可能

  • 8 x 3 pin Phoenix
  • 1 x RJ-45
  • 1 x RJ-45

非同期/7.1アナログ/ AES3

  • 90V-265V /50-60Hz
  • 483 x 44 x 158 mm
  • 2.1 KG

1 アナログH / I出力はAES37と同じチャンネルを共有します

2 アナログV / I出力はAES38と同じチャンネルを共有します

3 GDCおよびEspedeo製品を使用する場合、L + R + CモニターはDCPまたはHDMIPCMソースで使用できます

製品サポート

ダウンロード