Theatre Management System TMS-2000

劇場管理システムTMS-2000

劇場内スクリーン管理のソリューション

概要

GDCシアター管理システム(TMS)は、シネプレックス全体を一元で管理できるシアター管理ソリューションです。 洗練された機能とこれまで以上に使いやすいこのシステムは、劇場運営を自動化および合理化し、劇場管理を簡素化します。

特徴

完全な互換性

GDCのTMS-2000は、すべての主要ブランドデジタルシネマ機器で動作するソフトウェアソリューションです。 市場に出回っている他のTMSとは異なり、TMS-2000は特定のハードウェアにバンドルされておらず、ほとんどのMicrosoftWindowsプラットフォームで動作します。

高速パフォーマンス

TMS-2000は、多くの便利な機能を有するだけではなく、起動時間が短くすぐに制御できます。 あなたのTMS体験はかつてないほど素晴らしいものになりました。

単一のアクセスポイントから画面を監視および制御する

映画館のスクリーンを一目で監視できます。 プロジェクターとオーディオデバイスの両方のステータスがリアルタイムで表示され、制御が可能になります。

あなたの都合にあわせてショーをスケジューリング

Show Schedulerを使用すると、その日にスケジュールされているすべての番組を追跡および視覚化できます。 30を超えるPOSフォーマットからスケジュールをインポート可能、マニュアルでも簡単に追加および削除できます。 予定されている番組が再生されないことを心配していますか? 無効なKDMまたは欠落しているCPLがある場合、組み込みのアラートが自動的に通知し、欠落しているKDM / CPLをデジタルシネマサーバーに送信します。

TMSテンプレートシステムによるAuto-SPL機能搭載

新しく設計されたTMSテンプレートシステムは、POSデータを使用してショープレイリスト(SPL)を自動に作成するメカニズムです。 このプロセスは、最小限の人間の介入で効率的かつ正確に実行できます。

TMSテンプレートシステムを使用したPOSスケジューリングにより、ユーザーはCPLをタイトルに関連付けて設定を構成できます。その後、SPLが生成され、それに応じてショーがスケジュールされます。

コンテンツウォッチャーによる新しいコンテンツの自動検出

Content Watcherは、FTPサーバーで新しい着信DCP、KDMを定期的に監視し続けます。 検出されると、それらは自動的にTMSサーバーに取り込まれ、目的のサーバーに割り当てられます。

オプション機能-包括的な自動化制御をサポート

TMS-2000は、劇場の管理と自動化のすべてのニーズを満たすように設計されています。 主に、スクリーニング管理、電力管理、および品質保証になります。

リモートアクセス – TmsAware™ アプリ

シネマの操作をリアルタイムでリモートで監視できます。 TmsAware™アプリの詳細については、ここをクリックしてください。

ダウンロード